Home –  未分類
Category Archives: 未分類

アメリカに行くならこのLCC!!

05PHAC07

アメリカといえば、ニューヨークやロサンゼルス、シカゴ、ハワイなどと言った日本でも耳馴染みのある都市名が次々と出てくる比較的親しみや一度は行きたい国です。

アメリカでのツアーといえば、メジャーリーグの観戦やハワイをはじめとしたリゾートビーチでのんびりとするのも良いでしょう。

そんな魅力がたっぷりあるアメリカへLCCを利用していってみたはいかがでしょうか。
今回は、アメリカへの旅行にお勧めのLCCを紹介します。

★アメリカに行くならこのLCC!!

・サウスエアライン
アメリカのLCCといえば、サウスエアラインと言われるほどℤメリカ国内をほぼ網羅しているLCCです。

・バージンアメリカ
バージングループのLCCです。この会社は、LCCには珍しくファーストクラスがあります。ロサンゼルスやラスベガスといった西海岸から、ニューヨークやボストンといった東海岸に行く際によく利用されています。

・エアトラン
中部や東海岸をメインに就航しているLCCです。
フロリダやアトランタ、またディズニーワールドがあるオークランドといった日本人観光客がよく利用するエリアを結んでいることが特徴です。

・スプリットエアライン
とにかく安いと評判のLCCです。その安さはLCCより安いスーパーLCCとも呼ばれている程です。しかし、座席の狭さや遅延の多さなどと言ったサービスの悪さをも宣伝しています。
料金はニューヨークからフロリダに行く場合は、通常ですと、500ドルくらいするのですが、スピリットエアラインを利用すると、なんと100ドルを切ると言われています。

ちなみに、LCCでは160~170ドルです。スプリットエアラインがいかに安いのかを物語っていますね。サービスの悪さに目をつぶることができるのならば抑えてきたいLCCですね。

★まとめ
LCCを利用すると、格安で旅行ができますが、安いというメリットの中には、サービスの悪さといったデメリットが隠されています。

しかも、LCCは長距離の運航はしていませんので、日本からの直行便というものがなく、乗り継ぎをしながらアメリカに向かわなければいけません。

乗り継ぎの為の時間や座席の狭さ、機内サービスの低さといったデメリットを考慮した上でLCCと、通常の航空会社を比較した上で選択すると良いでしょう。
一方、アメリカに到着後国内を移動する際には、LCCを利用する事をお勧めします。

サービスが悪いが、安く旅行ができる方が良いと考えている方や、この低価格でもこんなにサービスを受けることができるといった考えの方には、LCCが向いていると思います。逆に、これらがデメリットとしか考える事ができない方もいるので、

LCCを利用する事は個人個人で考え方が違います。
自分に合ったLCCを選択するにはネット上で、各LCCのホームページを見て、サービス内容を把握した上で満足ができるものならば、是非格安航空券LCCを利用する事をお勧めします。値段を落として観光を充分に楽しむ事も魅力的ですね。

アメリカ LCC 格安航空券の代表的な空港

05PHAC30

アメリカは、渡航先としてもっともポピュラーな国となってきました。
特に、ハワイやニューヨーク、ロスアンジェルスといった有名な都市がいくつもあがってくることでしょう。アメリカへの直行便はでています。

その中でも今回は、LCCや格安航空券を利用した場合には、アメリカのどの空港を利用すると良いのか、紹介していきましょう。

・ジョン・F・ケネディ国際空港
ジョン・Fケネディ国際空港は、ニューヨーク州にあります。
広さは、成田の約2倍の広さを誇り、6つの入出口があります。
発着する便は400件もの国際線と800件とも言われる国内線の発着が可能です。
そんな大規模は国際空港に発着しているLCCと言えば、ジェットブルーです。

・San Francisco国際空港
San Francisco国際空港はアメリカの西海岸での主要な空港となっています。
このSan Francisco国際空港は、西海岸への玄関口として旅客者数もアメリカ国内では7位と人気の高さを物語っています。
入出口は1~3と国際線の計4つあります。
アメリアックないからだけではなくヨーロッパや南アメリカにも就航している航空会社も動いています。
そんなSan Francisco国際空港で利用できるLCCは、ヴァージン・アメリカと、ロスアンジェルスからメキシコ方面への就航が豊富なアラスカ航空です。

・ロスアンジェルス国際空港
ロスアンジェルス国際空港は旅客数が世界で6位に入るほど利用されています。
このロスアンジェルス国際空港は、アメリカ西海岸へのゲートウェイとなっています。
ターミナルは9つあります。ユナイテッド航空やアメリカン航空、日本航空といった大きな航空会社の就航をはじめとした約80もの国際線が入っています。
その中でも、利用できるLCCは、アラスカ航空と、その子会社にあたるホライゾン航空が利用できます。

★まとめ
日本からアメリカへの直接いくのは、数多くあります。直行便でアメリカに到着したら各都市に行くために、LCCを利用してアメリカ国内の各名所を旅してみるのもいいかもしれません。

アメリカ国内には数多くの空港がありますので、目的にあった空港まで、LCCを利用して、浮いた金額で少しリッチなホテルを予約するのも旅行が楽しくなる事でしょう。

今回紹介した大規模な国際空港から、各都市にある空港には、数多く乗り入れてるので、格安航空券と共に、上手に利用してアメリカの旅を楽しんでください。

アメリカLCC格安航空券のおすすめの買い方

05PHAD07

アメリカへの旅行を計画したなら、是非LCCや格安航空券を利用して空の旅を楽しみましょう。

LCCは安いのですが、サービスが物足りない、また遅延が生じた場合には機体の準備ができないので遅れやキャンセルが出ても気にならないといった方にはLCCを利用する事をお勧めします。

逆に、サービスの質や時間にが遅れたりとかキャンセルがでては困るといった方は格安航空券を利用する事をお勧めします。

・安く購入するコツ
まず、気品としては、シーンズン中を避けるという事です。ゴールデンウィークやお盆やお正月といったハイシーズンでは料金が高くなるので、なるべくならオフシーズンを選択すると、若干安く入手することができます。

・予約する時は早めに
格安航空券を入手する時はなるべく早めに予約する方が良いでしょう。
できれば5か月前に購入することをお勧めします。

LCCを利用する場合は6週間前に購入することをお勧めします。
人気の路線は即なくなるのでその前に購入しておくことをお勧めします。
また、各航空会社が実施している早割を利用する事もお勧めします。

1か月前から予約すると、比較的安く入手することができます。
但し、前日でも安く購入することができる旅行会社もあります。

・購入するのはいつがいい?

次に、購入する曜日ですが、土日に航空券を購入すると週末は格安の航空券を購入する人が多いので安い航空券が売り切れる可能性が高いので土日の購入は避けた方が良いでしょう。では、いつ購入すると良いのでしょうか。
航空会社は月曜日から航空券の販売を開始します。
そして、次の日つまり火曜日に安い情報が公開する事が多いと言われています。

その為、水曜日に購入すると良いとされています。
次に、時間帯ですが、早朝と深夜を利用すると予約数も少ないみたいで安くなるので購入することをお勧めします。

予約する時間は午後の方が比較的安い航空券が購入できる可能映画高いと言われています。
午前中は出張で航空会社を利用するお客が多い午前中の方が値段を少し高めに設定しているそうです。

★まとめ
いかがでしたでしょうか。ここまで見てくると、大手の航空会社の航空券でも、購入する時期や時間帯、曜日でも値段は変わるので格安な航空券を購入することができます。

LCCは比較的人気が高いので早めの購入を予定すると良いでしょう。

大手航空会社の航空券を安く購入したい場合は、曜日と時間帯に気を付ける事で、安い航空券を購入することができます。

LCCといった最初から安いと知られている航空券も良いですが、購入時期を選んで比較的安い航空券利用する事も賢い購入方法としてお勧めします。

アメリカLCCでいく格安航空券でいくグルメ

05PHAG02

アメリカと言えば、ハンバーガーやホットドッグ、ピザといったファストフードが、すぐに思い浮かぶ方が多いかと思います。量が多く、カロリーが高いといったイメージもついて回るでしょう。

しかし、アメリカにはこういったイメージとは違う食べ物もあります。

今回はLCCや格安航空券で行くことができる今までのイメージを覆すアメリカの食べ物を紹介していきましょう。

・ロスアンゼルス
LCCや格安航空券でロスアンゼルスに行ったのならば、ぜひ食べていただきたい
食べ物が、フレンチディップ・サンドイッチです。

肉汁をかけた状態の「濡れサンドイッチ」といった方が良いでしょう。
かなり個性的はサンドイッチではあります。

ロスアンゼルスに2つあるレストランで食べることができます。

・シカゴ
シカゴに行った際に食べておきたいのは、ウィンナーパンです。
やはりウィンナーパンが入っていると思った方はかなり期待を裏切られると思います。

このシカゴスタイルのホットドッグは、ケチャップがかかっていないのです。
白タマネギや甘いピクルスの細かく切ったものやくし形に切ってあるトマトや、グリーンペッパー等のトッピングがワイルドに入っています。

しかし、ケチャップはかかっていません。それがシカゴスタイルなのです。

・フロリダ
フロリダからは少し変わったサンドイッチの紹介です。
名前も不思議なキューバ風パンです。キューバ風という名前からキューバ発祥かと思いきや、フロリダ州が発祥地なのです。
このキューバ風サンドイッチは、その独特な生地でもあるキューバ・パンを使用したサンドイッチなのです。

具材はハムや豚肉、マスタード等、他にも色々は具材がたっぷりと入ったうえ、しっかりとプレスされています。
LCCや格安航空券でフ折田に行った際はぜひ食べておきたい一品です。

★まとめ
いかがでしたでしょうか。
まだ意外な食べ物が紹介しきれない程ありあます。

特にニューヨークには、屋台の大会が開かれるほど屋台の料理がたくさんあります。
2005年からは、これらの屋台では、ストリートフードの大会が行われています。

ニューヨーカーと言えばおしゃれなイメージがありますが、手軽にジャンクフードを食べることができると、仕事をしている人や観光客に評判です。

他にも、日本でもすっかりおなじみになったボストンクラムチャウダーやマンハッタンクラムチャウダーも現地で食べてみたい一品です。
LCCや格安航空券でアメリカを食べつくす旅も面白いかもしれません。

アメリカLCCでいく観光地

05PHAE23

海外旅行でも人気があるアメリカですが、その国土は広くどこに行けばいいのか迷ってしまう事もあるでしょう。

そんな時にお勧めしたいのがこれから上げる各都市です。有名な観光地から穴場的な観光地まで、色々な顔を魅せるアメリカにLCCや格安航空券を使って観光に行ってみてはいかがでしょうか。

それでは紹介していきましょう。

・ロスアンゼルス
ロスアンゼルスは、アメリカの第2の都市として有名なエンターテイメントの都市です。
ここロスアンゼルスで有名な観光地と言えば、ディズニーランド、ハリウッドやサンタモニカといった有名な観光地の名前が続々と出てくることでしょう。
LCCや格安航空券を利用してこのエンターテイメント都市を、遊びつくしてみませんか。

・マイアミ
マイアミと言えば、ビーチと即答できるほど有名な観光地です。
温暖な気候のフロリダにはたくさんの人種と国籍を持つ人々が集まる常夏のパラダイスです。
買い物も超大型のショッピングモールが多数あるので大変便利は町でもあります。

・ラスベガス
皆さんがご存知のカジノの街の方ではなく、グランドキャニオンをはじめとする自然にできた造形美を堪能してください。

ラスベガスから車で5時間ほど移動したところにあるグランドキャニオンは有名ですが、同じくラスベガスから車で4時間ほど移動したところにある、アンテロープキャニオンもお勧めです。

このアンテロープキャニオンはアッパーキャニオンとロウア―キャニオンの2つからなっています。お勧めなのはアッパーキャニオンです。
太陽のカーテンと呼ばれる渓谷は一見の価値があります。
但し、アンテロープキャニオンは、菜穂バボクの居留地である為、個人で行くことができませんので現地のツアーに参加して一度訪れてみてください。
ツアーには人数制限があるので早めの予約をお勧めします。

まとめ
今回はスペースの関係でここまでしか紹介が限られましたが、この他にも
シカゴからサンタモニカを結ぶ「ルート66」上にあるセリグマン等町や抽選で当たらないと入れないザ・ウェーブと呼ばれる「バーミリオンクリフス国定公園」内にある砂岩の層も観光しておきたい場所です。

抽選はインターネットで10人前日に現地での抽選で10人という狭き門ですので、まさしく一緒に一度は訪れておきたい観光地です。
まだまだ紹介しきれない観光地がたくさんあります。

LCCや格安航空券を利用してアメリカの魅力を自分で見つけ出すのもまた楽しい旅となるでしょう。