Home –  未分類 – アメリカに行くならこのLCC!!

アメリカに行くならこのLCC!!

05PHAC07

アメリカといえば、ニューヨークやロサンゼルス、シカゴ、ハワイなどと言った日本でも耳馴染みのある都市名が次々と出てくる比較的親しみや一度は行きたい国です。

アメリカでのツアーといえば、メジャーリーグの観戦やハワイをはじめとしたリゾートビーチでのんびりとするのも良いでしょう。

そんな魅力がたっぷりあるアメリカへLCCを利用していってみたはいかがでしょうか。
今回は、アメリカへの旅行にお勧めのLCCを紹介します。

★アメリカに行くならこのLCC!!

・サウスエアライン
アメリカのLCCといえば、サウスエアラインと言われるほどℤメリカ国内をほぼ網羅しているLCCです。

・バージンアメリカ
バージングループのLCCです。この会社は、LCCには珍しくファーストクラスがあります。ロサンゼルスやラスベガスといった西海岸から、ニューヨークやボストンといった東海岸に行く際によく利用されています。

・エアトラン
中部や東海岸をメインに就航しているLCCです。
フロリダやアトランタ、またディズニーワールドがあるオークランドといった日本人観光客がよく利用するエリアを結んでいることが特徴です。

・スプリットエアライン
とにかく安いと評判のLCCです。その安さはLCCより安いスーパーLCCとも呼ばれている程です。しかし、座席の狭さや遅延の多さなどと言ったサービスの悪さをも宣伝しています。
料金はニューヨークからフロリダに行く場合は、通常ですと、500ドルくらいするのですが、スピリットエアラインを利用すると、なんと100ドルを切ると言われています。

ちなみに、LCCでは160~170ドルです。スプリットエアラインがいかに安いのかを物語っていますね。サービスの悪さに目をつぶることができるのならば抑えてきたいLCCですね。

★まとめ
LCCを利用すると、格安で旅行ができますが、安いというメリットの中には、サービスの悪さといったデメリットが隠されています。

しかも、LCCは長距離の運航はしていませんので、日本からの直行便というものがなく、乗り継ぎをしながらアメリカに向かわなければいけません。

乗り継ぎの為の時間や座席の狭さ、機内サービスの低さといったデメリットを考慮した上でLCCと、通常の航空会社を比較した上で選択すると良いでしょう。
一方、アメリカに到着後国内を移動する際には、LCCを利用する事をお勧めします。

サービスが悪いが、安く旅行ができる方が良いと考えている方や、この低価格でもこんなにサービスを受けることができるといった考えの方には、LCCが向いていると思います。逆に、これらがデメリットとしか考える事ができない方もいるので、

LCCを利用する事は個人個人で考え方が違います。
自分に合ったLCCを選択するにはネット上で、各LCCのホームページを見て、サービス内容を把握した上で満足ができるものならば、是非格安航空券LCCを利用する事をお勧めします。値段を落として観光を充分に楽しむ事も魅力的ですね。